NEW】新着はこちら

★アプリ版はこちら★


No.3373191 【香港カップ】〜日本馬の近況(7日)

 12月10日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港カップ(G1・芝2000m)に出走を予定している日本馬の、7日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。●ステファノス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)【本日の調教状況】ヒュー・ボウマン騎手が騎乗して、角馬場から芝コースで5ハロンのギャロップ。トーセンバジル(香港ヴァーズ出走予定)と併せ馬 ※調教時計...51秒6(4F)−22秒4(2F)(藤原英昭調教師のコメント)「良い追い切りが出来ましたし、ボウマン騎手も良い手応えを掴んでくれたようで本番が楽しみだと言ってくれました。予定通り順調に来ています。枠順については、運のある枠順を引いて手助けしたいと思っていましたが、ゲート番8番というのは縁起の良い数字で、すごく良い枠だと思います。香港の人々にも名前を知られている馬なので何とか勲章を獲らせてあげたいと思います」(ヒュー・ボウマン騎手のコメント)「良い調教が出来たと思います。状態も良さそうですし、本番でもグッドパフォーマンスを期待しています」●スマートレイアー(牝7歳、栗東・大久保龍志厩舎)【本日の調教状況】武豊騎手が騎乗して、角馬場から芝コースで5ハロンのギャロップ ※調教時計...51秒2(4F)−22秒8(2F)(加藤公太調教助手のコメント)「調子は良さそうです。当初のプラン通り順調に来ています。武豊騎手も良い感触を掴んでくれたようですし、レースまでコンディションを整えて臨めればと思います。前走よりも体調は良さそうです。ゲート番9番になりましたが、18頭立てではなく、12頭立てなのでそこまで気にならない枠だと思います」(武豊騎手のコメント)&...

続きを見る

みんなのコメント

この記事へコメントする

この記事へコメントする

  • ※不適切な内容の投稿は即削除します。
  • ※書き込み禁止ワードは随時追加します。

「利用規約に同意する」に
チェックを入れてください。