NEW】新着はこちら

★アプリ版はこちら★


No.3453252 【フェブラリーS】栗東レポート〜テイエムジンソク(木原一良調教師)

2月18日(日)に東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス(GI)に登録しているテイエムジンソク(牡6、栗東・木原一良厩舎)について、木原一良調教師のコメントは以下の通り。(前走の東海S1着を振り返って)「休みを挟んだので、いくらかテンションが高めでしたが、メンバー的に自分の競馬をすれば何とかなるのかなという状態だったので、思った通りの競馬になりました。良かったなと思っています」(前走後の調整について)「東海Sを使ったことで、ガス抜きができて、馬が落ち着きました。ジョッキーを乗せると少しテンションが上がるのですが、今日も前回と同じ感じの調教でした」(調教内容を振り返って)「悪くないと思います。トモの入りがしっかりしていて、前脚もよく伸びていたので、まずまずかなと思っています」(今回のレースに向けて)「(初の東京遠征は)別に気にしてはいないのですけどね...。とにかく自分の競馬をするしかないので、他は目に入っていません。自分の馬だけです。 たぶん負けて悔いなしのレースを古川騎手がすると思います。相手の出方次第で、遅かったら行くでしょうし、行く馬がいたら控えるでしょうし、そこはお任せします。 (コース、距離、芝スタート)その3点は未知なのですが、たぶん大丈夫ではないかと思っています。 お母さんが短距離で走っていた馬なので、距離が縮まる分にはたぶん対応できると思います。 やることは全てやってきています。GIというのは強くても勝てないのがGIなので、あとは私と馬に運があるかないかではないかと思っています。 結構ジンソクを応援してくれるファンの方が...

続きを見る

みんなのコメント

この記事へコメントする

この記事へコメントする

  • ※不適切な内容の投稿は即削除します。
  • ※書き込み禁止ワードは随時追加します。

「利用規約に同意する」に
チェックを入れてください。