NEW】新着はこちら

★アプリ版はこちら★


No.3453327 【フェブラリーS】美浦レポート〜ノンコノユメ(内田博幸騎手)

 18日(日)に東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス(GI)に出走予定のノンコノユメ(セン6、美浦・加藤征弘厩舎)について、追い切り後の内田博幸騎手のコメントは以下の通り。―前走(根岸ステークス)を振り返って あれだけの脚を使って、レコードで勝ってくれて、乗った僕がびっくりしているくらいです。調教も乗っていたのですが、その前からいい状態で来られていると聞いていて、その通りだと感じました。身体作りは出来ていたのだと思います。―2度目のコンビになりますが 前走はいい形でゲートを出たものの、外枠で自然に下がっていきました。(前半は)スピードがないので、結局後ろからの競馬になるのかな、と思いますし、馬にストレスが懸からないようになればと思います。―追い切りの感触は 前走同様、いい感じの追い切りだったので、期待はしています。(前走と比べて)少し馬自身も追走する気迫が良くなったと思います。(加藤調教師とは)前走から間が空いているわけではないので、その中でうまく身体全体をいい方向に持っていければ、という話をしていて、今日乗って、いい感じで追い切りが出来たと思います。―距離が前走と比べて200m延長されますが 芝スタートがどの馬も鍵になると思いますが、そこから3コーナーまで長いので、どうリズム良く馬群に離れないでついていけるか、が鍵になると思ってますし、離れすぎるからといって、前に前にやりすぎても、馬にストレスがかかったりスタミナを使わせることになるので、そのあたりが難しいところだと思います。―末脚を活かす競馬になりますか この馬は末脚勝負の馬なのでz...

続きを見る

みんなのコメント

この記事へコメントする

この記事へコメントする

  • ※不適切な内容の投稿は即削除します。
  • ※書き込み禁止ワードは随時追加します。

「利用規約に同意する」に
チェックを入れてください。