NEW】新着はこちら

★アプリ版はこちら★


No.3556296 【オークス】栗東レポート〜リリーノーブル(藤岡師)

☆20日(日)東京競馬場で行われる第79回優駿牝馬(オークス)(GI)に出走を予定しているリリーノーブルについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。◎リリーノーブルについて、藤岡健一調教師・(桜花賞は)いい競馬はしてくれました。ラッキーライラックには詰め寄ってこの馬らしい競馬はしてくれました。瞬発力でもいいところをみせてくれましたが、勝ち馬が強かったので、(次のレースに向けて)修正していかなければと思いました。・折り合いというのが課題だったので調教でできるだけテンションを上げないようにフォームなども修正しつつ、やってきたことが上手くいって折り合いに関しては問題なかったですし競馬でもそれが伸びにつながりました。結果良かったのではないかと思っています。・デビューしてから身体自体が大きくなりましたし、精神的にも落ち着きが出て成長を感じます。(中間は)前回(桜花賞時)やってきたことが上手くいっています。ですからその点を踏襲して折り合い、瞬発力を発揮できるよう同じようにやってきました。 追い切りも前半折り合いに専念して最後瞬発力をつけるために上がり重点にやりました。・今朝の追い切りは今回距離が延びて折り合い面をもっと大事にしたかったので単走でやってきました。(前走時も)それで上手くいきました。ゆっくり入って1ハロンはキッチリとやって欲しいと言う指示でした。前半からスピード感があって上がりは伸びていましたから動きに関しては問題ありません。前走(桜花賞)時もよかったので今回はどの程度かということですが少なくとも桜花賞当時より馬の力はついていると思うのでその分プラスになっていると思います。・2400メートルに関して血統的には心配はしていません。大切なのは折り合いだけと思っています。左回りに関しては新馬戦で経験があります。ただその後の重賞戦線とは比較にはならないと思いますが強い勝ち方でしたし東京競馬場は合うと思...

続きを見る

みんなのコメント

この記事へコメントする

この記事へコメントする

  • ※不適切な内容の投稿は即削除します。
  • ※書き込み禁止ワードは随時追加します。

「利用規約に同意する」に
チェックを入れてください。