NEW】新着はこちら

★アプリ版はこちら★


No.3770423 【香港カップ】(9日・シャティン)〜日本馬の近況(6日)

9日(日)に香港・シャティン競馬場で行われる香港カップ(G1)に出走予定の日本馬について、6日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。※調教時計は香港ジョッキークラブ発表のもの・サングレーザー(牡4、栗東・浅見秀一厩舎)角馬場で運動浅見恵一調教助手のコメント「順調に来ています。追い切り後も問題なく飼葉を食べていますし、馬の雰囲気も良いです。ゲート番号についてはあまり気にしていませんでしたが、6番は良いと思います」・ステファノス(牡7、栗東・藤原英昭厩舎)藤原和男調教助手が騎乗し、角馬場→芝コース(ギャロップで半マイル。調教時計は4ハロン49秒5−2ハロン21秒2)藤原和男調教助手のコメント「引き続き良い状態をキープしています。また、本当に内枠が欲しかったのでゲート番号3となり喜んでいます」・ディアドラ(牝4、栗東・橋田満厩舎)角馬場で運動込山雄太調教助手のコメント「落ち着いていて、非常に順調に来ています。ゲート番号2となりましたが、頭数が少ないため、どこでも問題ないと思っていました」(JRA発表)

続きを見る

みんなのコメント

この記事へコメントする

この記事へコメントする

  • ※不適切な内容の投稿は即削除します。
  • ※書き込み禁止ワードは随時追加します。

「利用規約に同意する」に
チェックを入れてください。