NEW】新着はこちら

★アプリ版はこちら★


No.3993623 【オークス】美浦レポート〜ウィクトーリア

 19日(日)に東京競馬場で行われる第80回オークス(GI)に出走予定のウィクトーリア(牝3歳、美浦・小島茂之厩舎)について、追い切り後の共同会見での関係者のコメントは以下の通り。 ★ウィクトーリアについて小島茂之調教師「前走後は放牧に出て、馬の様子を確認して貰って、放牧中にもある程度強い所は乗って貰っていました。帰って来てからは、状態自体は良いけれど若干緩いところがあったので、大一番ですから今朝はしっかりやっておこうと思いました。最後の感覚はジョッキーに任せるけれど、意図としてはちょっと強くやって欲しい、とお願いしました。 (動きは)併せ馬で別の馬に乗っていて、後ろ姿を見て良い動きだなと感じましたし、ジョッキーも乗った後に非常に良いコメントでした。牝馬なので色々と仕上げ方があって、本当にびっしりやる時と、ある程度余力を残してという時もありますが、余力を残しつつも時間の範囲内でやれる事を、10日という制限の中で逆に思い切って出来たのかなと...。追い切った後が一番肝心なのですが、ここまでは本当に順調に来ていると思います。 (フローラステークスを振り返って)ビックリしました。逃げる事しか想像していなかったですからね。ただ、逃げられなかった時にはジョッキーが色々考えてくれるだろうと思っていましたし、馬と戸崎騎手に助けてもらったレースでした。(2400mは)やってみなければ分かりませんが、少なくとも2000mは持ちましたからね。お母さん(ブラックエンブレム)がオークスで一度先頭に立って若干止まったのは距離かな、とも思っていますし、その点をどう補うかでしょう。2000mをこなしている分、戦える余地は十分あると思い...

続きを見る

みんなのコメント

この記事へコメントする

この記事へコメントする

  • ※不適切な内容の投稿は即削除します。
  • ※書き込み禁止ワードは随時追加します。

「利用規約に同意する」に
チェックを入れてください。