NEW】新着はこちら

★アプリ版はこちら★


No.4120721 【秋華賞】栗東レポート〜ダノンファンタジー(川田騎手)

☆13日(日)京都競馬場で行われる第24回秋華賞(GI)に出走を予定している馬ダノンファンタジー(牝3、中内田)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。◎ダノンファンタジーについて、川田将雅騎手・(前走のローズステークスは)枠も枠でしたし、それでもいい内容でしっかり勝ち切ってくれたということが何よりだなと思います。競馬に行けば上手に対応してくれるので、桜花賞にしろオークスにしろレースの内容としてはよかったと思いますし、それを思えば変わらず秋もいい内容で走ってくれました。・(前走時の直線に向いての課題の克服は)丁寧にはやってきてはいますが、然程大きく改善はされていないと思いますが、それでもあれだけ走れている訳ですから、多少はマシかなと思っています。・(秋になって)メンタル面は大人になったかなと思いますが、ただその分違う難しさも出ているかなという印象です。・(京都内回り芝2000mは)この馬としては2400mが長いということで、実際長かったと思います。2000mまでであれば対応できるのではないかと思っているので、京都の内回りに適したレースができればなと思っています。・(今日の追い切りは)どうしても調教だと強く力んでしまうので、それでもよく我慢できていたかなと思います。競馬に行けば上手に走ってくれるので、そこに期待です。・(前走から上積みは)大きくあるという印象ではありませんが、無事に駒を進められただけで十分です。・(重馬場は)ディープインパクトの産駒で、これだけ綺麗な飛びをする馬なので、乾いた馬場で......というのが一番能力を発揮できると思います。・ローズステークスをいい形で勝つことができましたし、あとはコースにしっかり対応しながら雨の影響も考え、いい競馬をしたいと思っています。〔取材:檜川彰...

続きを見る

みんなのコメント

この記事へコメントする

この記事へコメントする

  • ※不適切な内容の投稿は即削除します。
  • ※書き込み禁止ワードは随時追加します。

「利用規約に同意する」に
チェックを入れてください。