NEW】新着はこちら

★アプリ版はこちら★


No.4214673 【高松宮記念】栗東レポート モズアスコット(矢作調教師)

☆29日(日)中京競馬場で行われる第50回高松宮記念(GI)に出走を予定しているモズアスコット(牡6、矢作)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。◎モズアスコットについて、矢作芳人調教師・(コロナウイルスの件で)モズアスコットに関してはオーストラリアのレースの方がリスクは高いので、(遠征を)やめたら高松宮記念に行くということをスタッフにも言っていました。ですからその点はスムーズに移行できました。・(初の芝1200mだが)やってみないと(わかりません)ですね。ダートを使う時にも言いましたが体型的に少しそちらの方にシフトしているのではないかとみているので、距離延長というよりここは短縮と思いました。常に挑戦をし続けてきた馬なので、この新たな挑戦も面白いのではないかと思っています。・(当初予定の)ドンカスターマイルは4月4日でしたから予定が一週前倒しになりました。それと中間は東京競馬場のダートコースでの調整で行ったことは普段とは違うことでした。これまであまり順調な馬では無かったのでダートコースでの調整はあまり負荷をかけられませんでした。・(今朝の坂路の追い切りについて)指示は51秒台でしたが先導馬のペースが早過ぎて調教としてはもう一つでしたね。でも動きそのものは良かったです。・(中京芝1200mは)直線も十分ありますし、坂もあるということで、特に意識はしていません。むしろ左回りがいいと言うことは確かなのでその点にも期待しています。・(雨予報だが)なんとも言えませんがおそらくこなせるのではないかと思います。あまりマイナスにはとらえていません。・まずはスタートを決めて、どのポジションで流れに乗れるかということでしょう。スタートさえ良ければダッシュの無い馬ではないので大きく置かれることは無いと思っています。 ・(今回はマイル組からのチャレンジも多い)その点は...

続きを見る

みんなのコメント

この記事へコメントする

この記事へコメントする

  • ※不適切な内容の投稿は即削除します。
  • ※書き込み禁止ワードは随時追加します。

「利用規約に同意する」に
チェックを入れてください。