NEW】新着はこちら

★アプリ版はこちら★


No.4269503 【新潟ジャンプS】(新潟)フォイヤーヴェルクが差し切り重賞初制覇

新潟8Rの第22回新潟ジャンプステークス(障害3歳以上・JGIII・芝3250m)は1番人気フォイヤーヴェルク(森一馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分30秒7(稍重)。6馬身差の2着に4番人気メドウラーク、さらに3/4馬身差の3着に3番人気ケイティクレバーが入った。フォイヤーヴェルクは栗東・池江泰寿厩舎の7歳牡馬で、父ディープインパクト、母ナイトマジック(母の父Sholokhov)。通算成績は29戦7勝。レース後のコメント1着 フォイヤーヴェルク(森一馬騎手)「だんだんと障害レースに慣れてきて、飛越も整ってきました。今日は内枠だったことも良かったと思います。厩舎スタッフがいつもいい状態に仕上げてくれて、この馬の本来の力を出し切れました。この馬を障害に使うと判断してくれた関係者に感謝したいです。障害を使うごとに良くなってきていますが、まだ課題もあるのでさらに良くなると思います」(池江泰寿調教師)「最後はあぶみが外れてヒヤッとしましたが、勝ってくれました。今後については自厩舎において、様子をみてから決めたいと思います。7歳ですが、若々しくてまだまだ良くなりそうです」2着 メドウラーク(北沢伸也騎手)「想定通りのレースでした。3コーナーで前の馬がいなくなってしまうのは予想外でしたが、手応えが全く違ったので行かせました。最後はどれだけ粘れるかというところでしたが、少し距離が長かったです。ただ、いつも一生懸命でこの馬の頑張りには頭が下がります」5着 プラチナアッシュ(白浜雄造騎手)「後続を離して逃げるつもりがみんなついてきてしまい、早目につかまりました。それでもスタミナはあるので5着に頑張ってくれました。ただこ...

続きを見る

みんなのコメント

この記事へコメントする

この記事へコメントする

  • ※不適切な内容の投稿は即削除します。
  • ※書き込み禁止ワードは随時追加します。

「利用規約に同意する」に
チェックを入れてください。